メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビーガン米特別代表

北朝鮮核凍結で人道支援拡大も

 米ニュースサイトのアクシオスは2日、米国で非核化交渉を担当するビーガン北朝鮮担当特別代表が最近、米朝協議中に北朝鮮が大量破壊兵器の開発を完全に凍結すれば、米国はその見返りに人道支援の拡大などの譲歩をすることが可能との考えを明かしたと伝えた。

 米国は今月中旬にも米朝の実務協議を再開したい考え。トランプ政権は完全な非核化と引き換えに対北朝鮮制裁を全面解除する「大きな取引」を目指してきたが、交渉は難航。停滞打破を目指す米政権内で現実路線が強まれば、譲歩案について北朝鮮側と話し合う可能性もありそうだ。

 6月30日に南北軍事境界線がある板門店で米朝首脳が会談後、米国に戻る機内でビーガン氏がオフレコを条…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文655文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです