メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セブンペイ

スマホ決済「防犯」甘く 専門家「ID変更を」

 セブン&アイ・ホールディングスが1日にセブン-イレブンで導入したばかりのスマートフォン決済「7pay(セブンペイ)」で3日、不正利用が発覚した。スマホ決済に参入するコンビニやIT企業が相次ぐなか、不正利用も起きており、専門家は被害に遭わないための対策を利用者に呼びかけている。

 スマホ決済は、スマホの画面に表示したQRコードやバーコードを店頭で読み取ってもらい、買い物の取引が成立する。その代金は、利用者が事前にクレジットカードなどで一定額をスマホのアプリに入金(チャージ)しておき、そこから店に支払う方法が主流。

 今回の被害では、クレジットカードから入金する仕組みに何らかの不正アクセスがあった模様だ。

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  5. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです