セブンペイ

スマホ決済「防犯」甘く 専門家「ID変更を」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 セブン&アイ・ホールディングスが1日にセブン-イレブンで導入したばかりのスマートフォン決済「7pay(セブンペイ)」で3日、不正利用が発覚した。スマホ決済に参入するコンビニやIT企業が相次ぐなか、不正利用も起きており、専門家は被害に遭わないための対策を利用者に呼びかけている。

 スマホ決済は、スマホの画面に表示したQRコードやバーコードを店頭で読み取ってもらい、買い物の取引が成立する。その代金は、利用者が事前にクレジットカードなどで一定額をスマホのアプリに入金(チャージ)しておき、そこから店に支払う方法が主流。

 今回の被害では、クレジットカードから入金する仕組みに何らかの不正アクセスがあった模様だ。

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文707文字)

あわせて読みたい

注目の特集