メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

期間中、終電を延長 JR東検討

 JR東日本は3日、東京五輪期間中の来年7月24日から8月9日までの輸送計画の検討状況を明らかにした。競技が深夜に終わった際の移動手段を確保しようと、終電を山手線、東海道線などで1時間半程度、京浜東北線、中央線快速などで30分から1時間程度延長する。競技開催に伴い利用増が見込まれる横浜、京葉、川越の各線では列車を増発する。

 体調不良になった乗客への対応も強化する方針。駅に病院とつなぐテレビ電話を設置したり、会場の最寄り駅に看護師を配置したりすることを検討している。今年8月には花火大会開催に合わせ、新国立競技場最寄りの千駄ケ谷、信濃町両駅で看護師配置の試行実験をする。JR東によると、渋谷駅から東京駅に向かう終電は通常ダイヤでは、午前0時33分発の山手線外回りに乗り、代々木駅で中央・総武線に乗り換えて同59分に到着する…

この記事は有料記事です。

残り58文字(全文420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  5. WHO、新型肺炎の世界的流行を認定 危険性評価「非常に高い」へ引き上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです