メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

黒坂愛衣さん=ハンセン病元患者家族の差別被害に光を当てた

ハンセン病家族訴訟を傍聴した黒坂愛衣さん=田鍋公也撮影

黒坂愛衣(くろさか・あい)さん(41)

 「勇気を振り絞った家族の声が裁判所に届いてうれしい」

 国の隔離政策で元ハンセン病患者の家族も差別を受けたと認め、国に賠償を命じた6月28日の熊本地裁判決。地裁前で、支援してきた家族らと共に「画期的な判決」(弁護団)を喜んだ。

 埼玉大院生だった2004年から全国13の国立ハンセン病療養所を巡り、差別や偏見にさらされてきた元患者や家族の苦難の人生を聞き取った。15年に著書「ハンセン病家族たちの物語」(世織書房)を出版。家族らの勇気を引き出し、翌年の集団提訴につなげた。

 初めて聞き取りをした療養所「菊池恵楓(けいふう)園」(熊本県合志(こうし)市)での経験は忘れられな…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ORICON NEWS 上戸彩、第2子出産後初公の場 変わらぬ美貌&スタイル披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです