メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
がん大国白書

患者100万人時代に備える 胃がん/中 内視鏡検査にも死角

 胃がんは早期発見して切除すれば9割が治る。バリウムを使ったエックス線検査に加え、内視鏡検査が検診に推奨され、早期発見に向けた体制整備が進んでいる。だが、スキルス胃がんのように発見が難しい胃がんもあるため油断は禁物だ。

 胃がんの代表的な検診方法がエックス線検査だ。造影剤のバリウムを飲み込んで撮影する。膜状に広がったバリウムによって胃の形や胃壁の凹凸がはっきり分かるという長所がある。一方、2016年に追加で推奨された内視鏡検査は、胃カメラで胃の中を直接確認する。エックス線検査で異常が見つかった場合の精密検査として使われていたが、「初めから内視鏡検査で検診した方が効率的」という意見が強かった。

 どちらの検診方法も主にアジアで発展した。ピロリ菌感染が原因の9割を占める胃がんは欧米で少なくアジア…

この記事は有料記事です。

残り963文字(全文1311文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです