メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

ヤクルト6-2広島 村上、初満塁弾で20号 高卒2年目、ゴジラ以来5人目

 投打がかみ合ったヤクルトが2連勝。1点を先行する五回に村上が20号満塁本塁打を放つなど5点を挙げ、突き放した。先発の寺原は5回2失点も、要所で粘り2勝目。広島は来日初登板のローレンスが5回6失点と誤算で、引き分けを挟み4連敗。

甘い球、狙い澄まし

 プロ野球史に残る一発を自身初のグランドスラムで決めた。ヤクルトの4番・村上が、チームを15カードぶりの勝ち越しに導く満塁アーチ。高卒2年目以内では1994年の松井秀喜(巨人)以来5人目のシーズン20号に到達し、偉大な先人たちと肩を並べた。

 1点リードの五回、来日初登板の広島・ローレンスが突如制球を乱した。前打者の青木が押し出し四球を選ん…

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 18メートルの動く実物大ガンダム 10月1日横浜に立つ 山下ふ頭で1年間

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  5. 歌舞伎公演も「働き方改革」 4月から休演日設定へ 松竹発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです