メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

3会場、8割完成 選手村も着々 内装、観客席急ピッチ

建設中の有明アリーナで説明を聞く報道陣ら=東京都江東区で2019年7月3日、小川昌宏撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は3日、東京湾岸に整備している3競技会場(いずれも江東区)と選手村(中央区)の外観を報道陣に公開した。都などによると、競技会場はいずれも8割前後、選手村は8~9割程度、順調に工程が進んでいるという。

 3競技会場は、五輪・パラリンピックで水泳会場となる「東京アクアティクスセンター」、五輪でバレーボール、パラリンピックで車いすバスケットボール会場となる「有明アリーナ」、五輪で体操、パラリンピックでボッチャ会場となる「有明体操競技場」。

 都などによると、来年2月完成予定の東京アクアティクスセンターは工事の進捗(しんちょく)率が75%。外装工事のほか、観客席やプールの設営工事などに追われている。大会後は4階部分の観客席を撤去するなどして1万5000席から5000席に縮小する。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 新型コロナ 合唱飛沫、前列へ前列へ 4人テーブル、隣の席が「最大」 理研など分析

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです