メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 重圧、もがく大坂 世界1位陥落・初戦敗退 戦術立て直し中、遠ざかる決勝

 世界ランキング2位の大坂なおみ(21)=日清食品=が女子シングルスで屈辱の初戦敗退を喫した。1月の全豪オープンで4大大会を2連勝し、世界1位に上り詰めたが、急激な環境の変化に困惑。6月には1位から陥落し、全豪当時の勢いを失ってスランプに陥っている。

 「席を外していい? 泣きそうなの」。世界39位のユリア・プティンツェワ(カザフスタン)に屈した後の記者会見は約4分半で打ち切り、無表情で会場を去った。6月の前哨戦で同じ相手に敗れた際は「負けがショッキングだった」と義務である会見を罰金覚悟で拒否。世界トップに就いたことで精神的に追い詰められ、魅力だった天真らんまんさが影を潜める。

 男子で世界7位の錦織圭(日清食品)が「1位を守るというプレッシャーは計り知れない」と語るように、大…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文929文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 植松被告接見一問一答(18~26回目)「死刑になるつもりはないです」「価値のある人間になりたいと思っていた」

  2. 桜を見る会 内閣府「論理破綻」の内幕と説明 名簿廃棄後も復元試みず

  3. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  4. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです