メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 重圧、もがく大坂 世界1位陥落・初戦敗退 戦術立て直し中、遠ざかる決勝

 世界ランキング2位の大坂なおみ(21)=日清食品=が女子シングルスで屈辱の初戦敗退を喫した。1月の全豪オープンで4大大会を2連勝し、世界1位に上り詰めたが、急激な環境の変化に困惑。6月には1位から陥落し、全豪当時の勢いを失ってスランプに陥っている。

 「席を外していい? 泣きそうなの」。世界39位のユリア・プティンツェワ(カザフスタン)に屈した後の記者会見は約4分半で打ち切り、無表情で会場を去った。6月の前哨戦で同じ相手に敗れた際は「負けがショッキングだった」と義務である会見を罰金覚悟で拒否。世界トップに就いたことで精神的に追い詰められ、魅力だった天真らんまんさが影を潜める。

 男子で世界7位の錦織圭(日清食品)が「1位を守るというプレッシャーは計り知れない」と語るように、大…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文929文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  5. 地球史の境界「最後の地磁気逆転」明瞭な痕跡、世界が認定 「チバニアン」決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです