メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新しい国」の行方

2019参院選/8止 非正規、選べぬ働き方 氷河期世代、支援にも諦め

 通告は突然だった。昨年11月末、人材派遣会社からの一本の電話。「急な話ですが、今の契約は12月末でおしまいだそうです」。派遣先企業からの雇い止めを伝える連絡だった。給湯器メーカーの製品工場で働き始めて20日足らず。契約が更新されない理由も告げられなかった。「また使い捨てられるんだな」。結論を受け入れる以外、選択の余地はなかった。

この記事は有料記事です。

残り1731文字(全文1897文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです