メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

点字毎日

大学門戸開放70周年 進学と職域開拓の歴史 20日、日本点字図書館で講演会

 今年が視覚障害者の大学門戸開放70周年の節目となるのを記念した、講演会「視覚障害者の大学進学と職域開拓の流れ」が7月20日午後0時半から、東京都新宿区の日本点字図書館で開かれる。

 1949年、三つの大学で6人の盲大学生が生まれた。しかし、学習環境は整っておらず、多くを自らの努力でまかなった。実行委員の一人で、日点理事長の田中…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操・内村が新型コロナ感染

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 首相、杉田氏発言巡り「政治家は自ら襟を正すべきだ」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです