特集

日本国憲法

日本国憲法は、1947年の施行から74年を迎えました。改憲手続きや、内容を巡る議論を追います。

特集一覧

あなたの参院選

安倍首相が改憲にこだわる訳 祖父・岸信介の遺志継ぐ?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
改憲を目指す「美しい日本の憲法をつくる国民の会」などが開いた 「公開憲法フォーラム」で流された安倍晋三首相のビデオメッセージ=東京都千代田区で2019(令和元年)年5月3日、根岸基弘撮影
改憲を目指す「美しい日本の憲法をつくる国民の会」などが開いた 「公開憲法フォーラム」で流された安倍晋三首相のビデオメッセージ=東京都千代田区で2019(令和元年)年5月3日、根岸基弘撮影

 背景にあるのは祖父への強い思いなのでしょうか。今月の参院選の争点の一つになっている憲法改正。安倍晋三首相は6月26日の記者会見で「選挙を通じて皆さんにぜひ、議論に参加していただきたい」と呼びかけ、憲法改正への強い意欲を示しました。では、憲法改正で何が変わるのでしょうか。そしてなぜ、首相は改憲にこだわるのでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り1978文字(全文2137文字)

【日本国憲法】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る