メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡空港、国際線就航相次ぐ アジアと近い"地の利" ハワイ直行便も11月復活

タイ・エアアジアXが4日から福岡-バンコクで運航する機体

 4月に完全民営化した福岡空港で、国際線の新規就航が相次いでいる。アジアに近い地の利を生かし、中国や韓国、東南アジアと結ぶ路線が増え、11月には九州唯一のハワイ直行便が復活する。将来は、欧米豪との長距離路線の就航も目指すが、1本しかない滑走路の発着回数は既に上限に達している。

 韓国の格安航空会社(LCC)チェジュ航空は今月、福岡と済州(チェジュ)、務安(ムアン)をそれぞれ結ぶ路線を新たに就航した。福岡空港を運営する福岡国際空港(FIAC)の永竿哲哉社長は2日の就航式典で「韓国路線は九州にとって重要な路線だ。福岡空港は国内空港で2番目に多い5路線になった」と胸を張った。

 福岡空港の2018年度の国際線旅客数(速報値)は過去最高の691万人。このうち韓国路線は56%を占…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文756文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

  3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです