メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
LookWESTけいざい

西日本豪雨から1年 工場停止、物流ストップ…企業の防災対策はどこまで進んだのか

工場が受けた甚大な被害を説明するテオリの中山正明社長=岡山県倉敷市真備町で2019年6月17日午後2時4分、杉山雄飛撮影

 中国・四国地方に甚大な被害をもたらした西日本豪雨からもうすぐ1年。工場が浸水し、道路が寸断されたりするなど物流網も混乱し、企業活動は大きな影響を受けた。豪雨を教訓にさまざまな防災対策が講じられているが、被害を抑える事業継続計画(BCP)の策定状況は低調で、解決すべき課題も残されたままだ。

竹材家具メーカー、顧客の言葉が再建の力に

 「大口顧客のホテルから、4カ月は待つから、ぜひ家具を届けてほしいと言われた。その言葉が再建の原動力となった」。竹材家具メーカー「テオリ」(岡山県倉敷市真備(まび)町)の中山正明社長(65)は、6月下旬に岡山市内で開かれた会合で、100人を超える中小企業経営者らに自らの体験を語った。

 テオリは1989年に真備町地区で創業。地元産の竹などを使い、デザイン性の高いベッドやソファなどの家…

この記事は有料記事です。

残り1681文字(全文2038文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 神奈川県立湘南高/2 自由な校風、観察眼培う 国際政治学者・三浦瑠麗さん /東京

  2. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  3. 京都みなみ会館 再出発 南区・旧銀行を改築、23日オープン 名物のオールナイト上映も /京都

  4. 小倉昭和館 創業80年 記念の無料上映会、250人来場 経営危機乗り越え「皆様のおかげ」 /福岡

  5. 「ハイパーカミオカンデ」建設へ 文科省が概算要求へ 岐阜・飛驒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです