メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セブンペイ 脆弱性露呈 システムの「穴」指摘に「調査中」繰り返す

セブンペイ不正利用のイメージ

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)が鳴り物入りで始めたスマートフォン決済サービス「7pay(セブンペイ)」は、被害額が5500万円に上る可能性がある不正利用の発覚で、わずか4日で新規登録停止に追い込まれた。安全面のもろさを露呈した形で、各業界で加速するキャッシュレス決済全体の信用低下につながる恐れもある。

 「事前にセキュリティー審査を繰り返し、脆弱(ぜいじゃく)性は指摘されなかった。安全面の問題はないと…

この記事は有料記事です。

残り715文字(全文921文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  2. 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

  3. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  4. 都立高部活 顧問教諭の動作で前歯2本折れ 元女子生徒が提訴

  5. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです