メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

駅猫おさむ 「肩書ない」から愛された 6日にお別れ会 ひたちなか海浜鉄道

ホームにたたずむ駅猫おさむ=茨城県ひたちなか市の那珂湊駅で2018年8月15日、米田堅持撮影

 6月23日、推定年齢17歳で死んだひたちなか海浜鉄道(茨城県ひたちなか市)の駅猫「おさむ」。動物を使って客寄せを行う鉄道は全国各地にある。しかし「おさむ」は駅長でもなければ、何か特別な芸に秀でていたわけでもなく、那珂湊駅(ひたちなか市)にいるだけの猫だった。「肩書なし」「何もしない」ただの黒猫はなぜ海外からも愛されたのだろうか。【米田堅持】

東日本大震災の被害から全線復旧した日、線路脇に座る駅猫おさむ=茨城県ひたちなか市の那珂湊駅で2011年7月23日、米田堅持撮影

 たま(和歌山電鉄貴志駅駅長)や、ばす(会津鉄道芦ノ牧温泉駅駅長)のように猫が駅長となって、その鉄道の集客を担うことは多く、山形鉄道のようにうさぎの駅長や亀の助役というケースもある。しかし、「おさむ」は「駅猫」という称号で「指定席」こそ用意されたものの、役職はなく、制服を着ることもなかった。「女子鉄アナウンサー」として活躍している久野知美さんは「動物駅長や駅猫は全国に数多くいて、これまで天国に旅立った動物たちにも会ってきたが、おさむはどこか『家族』のような空気感で乗客を迎えてくれた。おさむ自身が『おらが湊鉄道応援団』の一員のような感じだった。自分のペット以外の動物が旅立って、泣いたのは初めてだった」と存在感のある駅猫の死を惜しんだ。

 「おさむ」に日当たりの良い「社長のいす」を奪われたことをSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)にたびたび投稿していた吉田千秋社長は「猫でいてほしかった、普通でいてほしかった」と明かす。「おさむ」は、気ままに生きていて、それを駅員や地元の人がそっと見守るという形が続いた。吉田社長は「何もないほうがのびのびしていて良いと思ったが、それが本当に猫が好きな人たちの癒やしになったかもしれない」と振り返る。

事務室の扉が開くのを待つ駅猫おさむ=茨城県ひたちなか市の那珂湊駅で2016年9月6日、米田堅持撮影

 誰かに何かをやらされるわけでもなければ、誰にも縛られない自然体な生き方こそが「おさむ」の魅力だった。ひたちなか海浜鉄道で上演された鉄道演劇に出演した劇団シアターキューブリックの谷口礼子さんは「丸まって寝ているおさむをなでていると、都会時間から解放されるようなホッとした気持ちになりました。」と「おさむ」に癒やされた思い出を話す。

 吉田社長は「猫は猫らしく、人間の手助けで健康に長生きして『鉄道の一部』みたいになって『とけこんで』くれるのが、駅猫の理想だと思う」という。「地元の獣医師の尽力で大きな病気もせずに長生きしたことで『会いに行ける駅猫』として定着したことも大きかった」と人気となった理由を語る。

事務室の中であくびをする駅猫おさむ(右)とミニさむ=茨城県ひたちなか市の那珂湊駅で2018年6月25日、米田堅持撮影

 吉田社長は「(死んでから)おさむの偉大さを感じている」という。ひたちなか海浜鉄道にとって集客の柱でもあった「おさむ」の死は、経営問題にも微妙な影を落としかねない。しかし、地元の関係者も「おさむ」の代わりは「おさむ」しかいないと口をそろえる。もう1匹の駅猫「ミニさむ」はドクターストップで「箱入り娘」として事務所で飼うはずが、度重なる脱走に駅員らが根負けしてしまうほどの「おてんば娘」で代わりにはならない。駅猫には「列車の運行を邪魔しない」ことも求められるため、猫そのものの性格も大事で「おさむ」の次は見通せていない。

死んだ日の夕方に設置された駅猫おさむの献花台=茨城県ひたちなか市の那珂湊駅で2019年6月23日午後6時36分、米田堅持撮影

 「おさむ」が死んだ日の夕方、那珂湊駅ホームに献花台が設けられ、今も花束などが供えられている。「大好きなえさのテレビCMの歌を口ずさむと、おさむの目がきらっと光ってすーっと寄ってきた」とつぶやきながら、えさを献花台に供える駅員のめがねの奥はかすかに光っていた。

 ひたちなか海浜鉄道として初の「社葬」となる「おさむ」のお別れ会は6日午後1時、那珂湊駅ホームで行われる。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです