メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

駅猫おさむ 「肩書ない」から愛された 6日にお別れ会 ひたちなか海浜鉄道

ホームにたたずむ駅猫おさむ=茨城県ひたちなか市の那珂湊駅で2018年8月15日、米田堅持撮影

 6月23日、推定年齢17歳で死んだひたちなか海浜鉄道(茨城県ひたちなか市)の駅猫「おさむ」。動物を使って客寄せを行う鉄道は全国各地にある。しかし「おさむ」は駅長でもなければ、何か特別な芸に秀でていたわけでもなく、那珂湊駅(ひたちなか市)にいるだけの猫だった。「肩書なし」「何もしない」ただの黒猫はなぜ海外からも愛されたのだろうか。【米田堅持】

 たま(和歌山電鉄貴志駅駅長)や、ばす(会津鉄道芦ノ牧温泉駅駅長)のように猫が駅長となって、その鉄道…

この記事は有料記事です。

残り1219文字(全文1441文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

  4. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです