メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ヤフーとLINE、経営統合へ
ランパス

震災からの復興、世界に発信 熊本城も3年半ぶり公開

熊本県民総合運動公園陸上競技場(えがお健康スタジアム)=ラグビー・ワールドカップ2019組織委員会熊本地域支部提供

大会組織委員会 熊本地域支部主任 佐原由美さん

 震災関連死を含め273人が犠牲になった熊本地震は2016年4月の発生から3年以上経過しましたが、今も1万6000人を超える方が仮設住宅などで生活しています。ラグビー・ワールドカップ(W杯)の試合会場になっている熊本県民総合運動公園陸上競技場(えがお健康スタジアム)は震災直後、全国から寄せられた支援物資の集積拠点になっていました。そうした場所でW杯を開催することは、「熊本は一生懸命頑張っている」と世界に発信することにつながるはずです。

 熊本のシンボルの熊本城も、地震で天守閣や石垣が損壊しました。復旧工事は現在も続いていますが、W杯に…

この記事は有料記事です。

残り1284文字(全文1576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  3. 「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 梅毒 患者、48年ぶり6000人超 出会い系アプリ一因か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです