メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪チケット1次販売は約400万枚 人気に偏り 「セカンドチャンス」は窮余の策

東京五輪チケットの国内一般販売の流れ

 東京五輪チケットの第1回抽選販売は落選者が続出した一方で、大量の売れ残りが発生した。競技ごとの人気の偏りが最大要因だが、販売方法のしくじりも絡んでいる。「セカンドチャンス」は落選者の購入意欲を不人気チケットに振り向けた窮余の策と言える。

 関係者によると、チケット総数は招致段階で780万枚とされていたが、その後、追加競技・種目が出たこともあり、900万枚を上回る見通し。そこから海外一般販売や大会スポンサーなどに回す分を差し引くと、国内一般販売は400万~500万枚となる予定。組織委はその大半の…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです