メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

15歳の新星ガウフが快進撃 ウィンブルドンテニス

女子シングルス2回戦でマグダレナ・リバリコバに勝利し、喜ぶコリ・ガウフ=AP

 テニスのウィンブルドン選手権第3日は3日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス2回戦は予選を大会史上最年少の15歳で突破したコリ・ガウフ(米国)が2017年大会4強のマグダレナ・リバリコバ(スロバキア)を6―3、6―3で破り、3回戦へ進んだ。

 長いラリーの末、相手のバックハンドがネットに掛かって勝利が決まると、ガウフは力強く拳を握った。予選から勝ち上がって4大大会初出場となった世界ランキング313位の15歳が、2試合連続ストレ…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文576文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  3. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  4. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです