メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

イメルダ夫人の90歳誕生会、261人が病院搬送 食中毒か

 7月3日、フィリピンのマニラで、イメルダ・マルコス元大統領夫人(写真)の90歳の誕生日を祝う盛大なパーティーが開かれたが、友人や支持者ら261人が食中毒の疑いで病院に運ばれる事態となった。写真は2018年11月、ケソン市で撮影(2019年 ロイター/Eloisa Lopez)

[PR]

 [マニラ 3日 ロイター] - フィリピンのマニラで3日、イメルダ・マルコス元大統領夫人の90歳の誕生日を祝う盛大なパーティーが開かれたが、友人や支持者ら261人が食中毒の疑いで病院に運ばれる事態となった。

     関係者はロイターに対し、マニラ首都圏のパシグ市にある病院の緊急治療室は嘔吐、下痢、めまいの症状を訴える患者であふれていたと述べた。

     保健省は、パーティー会場で出された食べ物を口にした出席者のうち、3日午後までに261人が9カ所の病院に搬送されたと発表した。食事は2500人分用意されていた。

     ラジオ局DWIZによると、イメルダ夫人は無事。フェイスブックに掲載された動画では、出席者らが夫人にあいさつしているのが確認できる。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

    2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

    3. 解嘱の「いばらき大使」が肩書詐称認める 「見え張って」名刺に架空の「会社代表」

    4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

    5. 新国立競技場、年十数億円赤字も だれも「手を挙げない」民営化先送り

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです