メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AS日本代表 世界選手権に向けジャンパー一部変更(スポニチ)

[PR]

 12日開幕の水泳の世界選手権(韓国・光州)に出場するアーティスティックスイミング日本代表が3日、東京都内で合宿を公開し、6月17日の練習中にジャンパーを務める京極おきな(17=井村ク)が着水に失敗して、左鼓膜を破っていたことが判明した。

     1週間入院して練習再開は今月初旬。フリールーティンには出場するが、テクニカルルーティンのジャンパーは丸茂圭衣(27=井村ク)に変更となる。井村雅代ヘッドコーチ(68)は「京極に比べて、ジャンプの出だしは重いが、技術力は上。迷ったら負けるので、すぐに(変更を)決めました」と語った。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

    2. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

    3. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

    4. 集合住宅に女子高生の絞殺遺体 住人の男も首をつり死亡 兵庫県警

    5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです