メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

わずかな対策が大きな差に! 激しい渋滞が起こる夏にクルマに積んでおくべき小物8選

情報提供:カートップ

わずかな対策が大きな差に! 激しい渋滞が起こる夏にクルマに積んでおくべき小物8選

真夏の行楽シーズンに向けて熱中症対策は必要不可欠

 令和になったと思いきや、梅雨に入る前から猛暑の日々。真夏になったらどうなることやらなのだが、行楽シーズンでもあるだけに大渋滞にはまることもあるだろう。エアコンを付けておけばいいやではなく、しっかりと対策しておきたい。

1)冷蔵庫

 冷蔵庫といっても、シガーソケットで使える小さなボックスタイプ。500mlのペットボトルが数本入れば十分で、飲み物が冷えているだけでもリフレッシュ度は違う。ただし、お茶やコーヒーは利尿作用があるので、渋滞中にトイレに行きたくなるので要注意だ。

渋滞対策

2)扇風機

 小さな扇風機というと、カーエアコンがなかった昭和な時代のものだが、今でも車内の空気を混ぜて、温度を均一化する効果がある。電池やシガーソケット、さらにはUSBを電源とするものでいいので積んでおくといいだろう。体に直接当てれば涼むこともできる。

渋滞対策

3)瞬間冷却材

 いわば使い捨てカイロの逆で、叩くと瞬間的に冷えるシート。カーエアコンを効かせていても直射日光などの影響もあり、熱中症になる可能性はあるとされているので、いざというときのために積んでおきたい。

4)サンシェード

 駐車中の車内の温度上昇を抑えつつ、紫外線の影響も防いでくれる、定番中の定番。それだけに積んでおきたい。ただ、駐車場所によっては長時間戻ってこないことをアピールしているようなものなので、ステアリングだけカバーするタイプも併用するといいだろう。

渋滞対策

添付ファイルが見つかりません

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目

  4. 死体遺棄容疑で32歳父親を逮捕 さいたま小4男児殺害 埼玉県警

  5. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです