メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昨今ことば事情

「芸人」と「社会人」=近藤勝重

 大阪社会部時代、お笑いの吉本興業をよく取材した。1970年代後半から80年代の頃で、さまざまなことが頭に浮かぶ。楽屋の掲示板に制作部長名で張り出された文面は忘れ難い。「各位は舞台人であるとともに社会人であることを再認識され、良識ある行動をされるよう特に注意いたします」

 所属芸人の飲酒運転や消費者金融トラブルなどの不祥事を受けての注意喚起ながら、横山やすしさんなどは「社会人って、ワシら常識からズレてるから芸人なんや」と言ってはばからなかった。あ…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寺で同性結婚式 指輪の代わりに虹色数珠 「性関係なく幸せに」 埼玉・川越

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  4. 米グーグルを集団提訴 ブラウザー利用者「シークレットモードで履歴収集」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです