メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部豪雨2年

二度と犠牲者出さぬ町に

 福岡、大分両県の山あいを中心に記録的な大雨が襲い、関連死1人を含む40人が死亡、いまだ2人が行方不明となっている九州北部豪雨は5日、発生から2年となった。被害が大きかった福岡県朝倉市では被災現場や仮設住宅などで追悼行事があり、遺族や住民らが犠牲者の冥福を祈り、古里の復興を誓い合った。

 住民4人が亡くなった朝倉市杷木志波(はきしわ)の道目木(どうめき)集落では、更地となった公民館跡で住民ら約15人が、犠牲となった4人の写真などを並べた手作りの祭壇に手を合わせた。

 被災地では今も850人超が仮設住宅などで避難生活を送っている。朝倉市杷木林田の仮設団地でも住民らが午前10時のサイレンに合わせて黙とうした。

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 世界のコロナ感染者1億人超え 収束見通し不明、2カ月半で倍増

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです