メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部豪雨2年

稲穂実ったら起こすけん 兄の田んぼ、再生誓う

豪雨災害で兄の功二さんを亡くし、追悼式に参列する鬼塚敬介さん(中央)=福岡県朝倉市で2019年7月5日午前9時43分、田鍋公也撮影

 もう一度会いたい--。未曽有の大雨が山あいの集落を襲った九州北部豪雨から5日で2年。被災地では遺族や住民らがあの日を境に会えなくなった大切な人を思い、悼んだ。河川の復旧工事や住宅の建設など復興へのつち音が響く。しかし、悲しみは癒えることはなく、節目の日は静かな祈りに包まれた。

 兄功二さん(当時62歳)を亡くした福岡県朝倉市の鬼塚敬介さん(60)は市主催の追悼式に参列し、在りし日の兄の姿を思い浮かべた。「兄貴、俺は何とか元気でやってるたい」

 2年前、朝から雨が強かった。市内の平野部で家族と暮らす鬼塚さんは、地域のお年寄り宅を回り、避難を呼…

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文874文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです