メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
舞台をゆく

巨石にみっちり、人間ドラマ「縁切り神社」 自分の心は 一歩を後押し

 京都の町をそぞろ歩いていたら、奇妙な神社に迷い込んだ--。田口ランディの「縁切り神社」のモデルとなった安井金比羅宮(やすいこんぴらぐう)は、祇園の花見小路や建仁寺そばの、やや奥まった場所に位置する。取材日は、最寄りの京阪・祇園四条駅に着いた途端、辺りが薄暗くなり、雨がざあざあ降ってきた。何やら、おどろおどろしい雰囲気。「悪縁を切り良縁を結ぶ」と書かれた横断幕を見つけ、吸い込まれるように神社に入っていった。【道岡美波】

 浮気の疑いがある彼氏を振ったばかりの主人公は、傷心旅行と称して京都を訪れ、縁切り神社に出くわす。そ…

この記事は有料記事です。

残り1226文字(全文1487文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  4. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  5. チャゲアス脱退のASKAさんコメント全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです