メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
九州北部豪雨2年

兄貴、田は守るけん 先祖代々の土地、再生の決意

晴れる日は必ず来る

 もう一度会いたい--。未曽有の大雨が山あいの集落を襲った九州北部豪雨から5日で2年。被災地では遺族や住民らがあの日を境に会えなくなった大切な人を思い、悼んだ。河川の復旧工事や住宅の建設など復興へのつち音が響く。しかし、悲しみは癒えることはなく、節目の日は静かな祈りに包まれた。

 兄功二さん(当時62歳)を亡くした福岡県朝倉市の鬼塚敬介さん(60)は市主催の追悼式に参列し、在りし日の兄の姿を思い浮かべた。「兄貴、俺は何とか元気でやってるたい」

 2年前、朝から雨が強かった。市内の平野部で家族と暮らす鬼塚さんは、地域のお年寄り宅を回り、避難を呼…

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文1029文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです