メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
九州北部豪雨2年

残った車、兄の面影 60歳の弟「稲穂実ったら起こすけん」

鬼塚功二さんの車は今も倒壊した実家近くに止まったままだ=福岡県朝倉市杷木志波で、飯田憲撮影

 もう一度会いたい--。未曽有の大雨が山あいの集落を襲った九州北部豪雨から5日で2年。被災地では遺族や住民らがあの日を境に会えなくなった大切な人を思い、悼んだ。河川の復旧工事や住宅の建設など復興へのつち音が響く。しかし、悲しみは癒えることはなく、節目の日は静かな祈りに包まれた。【飯田憲】

 兄功二さん(当時62歳)を亡くした福岡県朝倉市の鬼塚敬介さん(60)は市主催の追悼式に参列し、在りし日の兄の姿を思い浮かべた。「兄貴、俺は何とか元気でやってるたい」

 2年前、朝から雨が強かった。市内の平野部で家族と暮らす鬼塚さんは、地域のお年寄り宅を回り、避難を呼…

この記事は有料記事です。

残り1370文字(全文1647文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです