メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選2019

公示 与野党が激突 夏の舌戦、雨中火ぶた /山形

立候補者の演説に耳を傾ける聴衆=山形市で

 参院選が4日公示され、17日間にわたる舌戦がスタートした。山形選挙区(改選数1)には、自民現職で元厚生労働政務官の大沼瑞穂氏(40)=公明推薦▽無所属新人で元山形放送アナウンサーの芳賀道也氏(61)=立憲、国民、共産、社民推薦▽政治団体「NHKから国民を守る党」の新人で元会社役員の小野沢健至氏(49)の3人が立候補した。再選を目指す大沼氏と、野党統一候補の芳賀氏による事実上、与野党一騎打ちの構図で、夏の選挙戦に突入した。投開票日は7月21日。【参院選取材班】

この記事は有料記事です。

残り3121文字(全文3353文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです