メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童福祉法改正法

来年度から施行 体罰・虐待、子ども守れ 児相職員の専門性強化 /群馬

児童虐待対策関連法について意見を述べる河村正剛さん。かつて「伊達直人」名義で児童養護施設の子どもたちにランドセルを贈ったことが「タイガーマスク運動」として有名になった=前橋市内で

 児童相談所(児相)の体制強化や親の体罰禁止を盛り込んだ児童福祉法と児童虐待防止法などの改正法が、6月19日に成立した。原則として来年4月から施行される。県内の児童福祉を巡る状況はどうなるのか。保護者との関わり▽児相職員の専門性強化▽子どもの権利擁護--の三つの観点で、県内の関係者の意見などを紹介する。【鈴木敦子】

この記事は有料記事です。

残り1578文字(全文1736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  5. 職員2700人、給与額流出 ほぼ全員分、住所や学歴情報も 青森・弘前市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです