個展

人間味あふれる武士像 現代美術作家・野口さん、富山で /北陸

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
実在した河津伊豆守佑邦をモデルに制作された作品=富山市千石町1の森記念秋水美術館で、青山郁子撮影
実在した河津伊豆守佑邦をモデルに制作された作品=富山市千石町1の森記念秋水美術館で、青山郁子撮影

 鎧兜(よろいかぶと)姿の武士をモチーフにした作品で人気の現代美術作家、野口哲哉さん(39)の北陸初の個展「野口哲哉展-鎧ノ中デ-富山編」が8月25日まで、富山市千石町1の森記念秋水美術館で開かれている。

 熱心な鎧の研究家でもある野口さんの作品は、史実や時代考証に忠実で、細部まで精密に作られている。樹脂やプラスチックを素材にしたリアルな表情に加え、スポーツカーやヘッドホンなど現代文明もミックスし、ユーモアや…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文513文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集