メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
リニア中央新幹線

掘削残土受け入れ、駒ケ根市で検討 /長野

大鹿村の残土受け入れを検討している中沢地区の水田=駒ケ根市中沢で

 リニア中央新幹線建設に伴い大鹿村内のトンネル掘削で発生する残土を巡り、駒ケ根市中沢地区が受け入れを検討している。正式に決まれば、大鹿村の残土を村外で受け入れる初のケースとなる。

 同地区の坂井昌平区長によると、同市立中沢小に近い新宮川岸(しんがし)交差点付近の7・2ヘクタールの水田を残土を利用して埋め立てる。約20万立方メートルの受け入れが可能という。

 同地区は農家の高齢化と後継者不足が進み、坂井区長は「埋め立てで耕地を再整備し、観光農園や商業施設の…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文469文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 「いじめ許さない、と司法のメッセージを」大津中2自殺訴訟控訴審で遺族訴え

  5. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです