メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

実証実験

関空駅、ゲートで危険物検知 JR西と南海が初 /大阪

模擬の爆弾を仕込んだチョッキを検知したセキュリティゲート=JR関西空港駅で、幾島健太郎撮影

 JR西日本と南海電鉄は、関西空港駅で爆発物や銃刀類を調べる検査の初めての実証実験を行い、4日に報道陣に公開した。金属探知センサーや電波で隠し持つ危険物を検知できるセキュリティーゲートを使い、利用者が歩いて通過する際の利便性や効果をチェックする。

 ラグビーワールドカップ(W杯)や、来年の東京五輪・パラリンピックなどの国際的な大規模イベントを控え、鉄道…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文442文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  2. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです