メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

旧山本家住宅(兵庫県西宮市) 昭和の富裕層文化、伝える

旧山本家住宅の重厚な石積みの門=兵庫県西宮市で、久保聡撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 見・聞・楽>

 閑静な町並みの兵庫県西宮市・夙川(しゅくがわ)周辺。1920(大正9)年に阪急神戸線が開通して夙川駅が設けられ、高級住宅街として発展した。その一角に「山本清記念財団 旧山本家住宅」(同市結善町)はある。戦災や阪神大震災にも耐えた和洋折衷の建物は、昭和初期の「上質な空間」を今に伝える。【久保聡】

 建築主は鳥取県の鉱山経営者、近藤寿一郎。茶室研究家として知られる岡田孝男の設計で、1938(昭和13)年に建てられた。その後、持ち主は変わり、5代目で最後の家主が淡路島出身の実業家、山本清、とみゑ夫妻。66年に所有者となった夫妻は建築当初のたたずまいを愛し、その遺志で住宅は残った。現在は国の登録有形文化財。

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文873文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 特集ワイド れいわ・山本氏、強気姿勢から現実路線に? インディーズ魂のままで 結党1年余、リーダーの顔に

  4. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです