メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不昧公200年祭記念事業

茶人不昧公、座像に 松江歴史館 /島根

 不昧公200年祭記念事業推進委員会(会長・松浦正敬松江市長)は、松江市殿町の松江歴史館に、大名茶人として知られる松江藩7代藩主・松平治郷(不昧公)の陶製の座像を設置すると決めた。条例で定める来年4月24日の茶の湯の日に公開する予定。

 晩年の肖像画をモデルとし、木製の台座を含めて高さ約175センチ。…

この記事は有料記事です。

残り79文字(全文229文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです