メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再生の道標

西日本豪雨1年 亡き人へ、祈りのキャンドル あす広島、安芸・矢野地区 /広島

紙コップを手に準備を進める北野直美さん=広島市安芸区で、李英浩撮影

 西日本豪雨は6日、最初の大雨特別警報が発令されて1年を迎える。18人が亡くなった安芸区ではこの日夜、矢野地区一帯でメッセージ付きのキャンドルに火をともし、犠牲者を悼む「シタマチ×キャンドル」を開催。豪雨を機に発足した地域おこしグループ「シタマチ協力隊」が準備を進めている。

 参加者が寄せたメッセージ入りの紙コップ…

この記事は有料記事です。

残り163文字(全文320文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  2. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  5. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです