特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

記者の目

対露外交の「失敗」 もはや「島の数」ではない=大前仁(モスクワ支局)

  • コメント
  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
首脳会談に臨むロシアのプーチン大統領(左)と安倍晋三首相=大阪市中央区で6月29日、代表撮影
首脳会談に臨むロシアのプーチン大統領(左)と安倍晋三首相=大阪市中央区で6月29日、代表撮影

 6月29日に開かれた日露首脳会談は、焦点となった平和条約問題で進展が見られなかった。安倍政権は当初、プーチン露大統領が来日する機会を捉え、北方領土の歯舞(はぼまい)群島と色丹(しこたん)島の2島返還について「大筋合意」を狙っていた。だが展望を開けなかった結果を踏まえると、一連の対露外交は失敗に終わったといえる。

 失敗の原因の一つは、安倍政権が昨秋の段階でロシアの意図を読み誤ったことにある。7月の参院選をにらんで交渉の進展を政権の浮揚材料にも使おうとしたが、うまくいかなかった。

この記事は有料記事です。

残り1780文字(全文2021文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集