メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

対露外交の「失敗」 もはや「島の数」ではない=大前仁(モスクワ支局)

首脳会談に臨むロシアのプーチン大統領(左)と安倍晋三首相=大阪市中央区で6月29日、代表撮影

 6月29日に開かれた日露首脳会談は、焦点となった平和条約問題で進展が見られなかった。安倍政権は当初、プーチン露大統領が来日する機会を捉え、北方領土の歯舞(はぼまい)群島と色丹(しこたん)島の2島返還について「大筋合意」を狙っていた。だが展望を開けなかった結果を踏まえると、一連の対露外交は失敗に終わったといえる。

 失敗の原因の一つは、安倍政権が昨秋の段階でロシアの意図を読み誤ったことにある。7月の参院選をにらんで交渉の進展を政権の浮揚材料にも使おうとしたが、うまくいかなかった。

この記事は有料記事です。

残り1780文字(全文2021文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 体操・内村が新型コロナ感染

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. ORICON NEWS フジ『アウト×デラックス』今夜放送分は「これから収録」 伊藤健太郎容疑者の出演回差替えで緊急対応

  5. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです