メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滝野隆浩の掃苔記

「老ろう介護」の明日

 <滝野隆浩の掃苔記(そうたいき)>

 「老ろう介護」という言葉をご存じだろうか。高齢者が自分の老親を見る「老老介護」ではない。耳の不自由な「ろう者」が親を見ることらしい。NPO日本聴覚障害者コンピュータ協会の平川美穂子副理事長(60)から聞いて知った。

 2年ほど前、仲間たちと未来に向けてのプロジェクトについて話し合っていたとき、平川さん自身がひらめいたらしい。「老」という漢字が、ひとつ平仮名になっただけで、やさしい雰囲気になる。

 ただ、その内実は健常者には想像もつかない困難さがある。たとえば、突然、親が家で倒れたとき、駆けつけ…

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文865文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです