メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
セブンペイ

不正利用 安全管理、もろさ露呈 スマホ決済に逆風

記者会見で質問に答える運営会社の小林強社長(左)ら=東京都千代田区で2019年7月4日午後2時17分、尾籠章裕撮影

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)が鳴り物入りで始めたスマートフォン決済サービス「7pay(セブンペイ)」は、被害額が5500万円に上る可能性がある不正利用の発覚で、わずか4日で新規登録停止に追い込まれた。安全面のもろさを露呈した形で、各業界で加速するキャッシュレス決済全体の信用低下につながる恐れもある。

 「事前にセキュリティー審査を繰り返し、脆弱(ぜいじゃく)性は指摘されなかった。安全面の問題はないと…

この記事は有料記事です。

残り1036文字(全文1243文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです