メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18年西日本豪雨

温暖化で雨量6.5%増か 気象研が算出

気温上昇による降水量の変化

 洪水や土砂災害などで死者200人を超える被害を生んだ2018年の西日本豪雨は、この約40年間の地球温暖化の影響で総雨量が、気温上昇がなかった場合に比べ6・5%増えたかもしれないとのシミュレーション結果を気象庁気象研究所のチームがまとめた。

 気象研の川瀬宏明主任研究官は、二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスが増えたため豪雨被害が大きくなった可能性を指摘し「過去に降ったことがないような豪雨に、これからも見舞われる恐れがある」としている。

 実際の海水温などのデータを用いてスーパーコンピューターで解析し、日本周辺の大気の流れや列島上空での…

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文819文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 1100万年前の天体衝突の痕跡発見 生物大量絶滅の原因か 南鳥島沖深海底で

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. 独ワイツゼッカー元大統領の息子、講演中に刺殺 男を逮捕 動機不明

  5. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです