メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日書道展

赤平さんに文科大臣賞

赤平泰処さん

 第71回毎日書道展(主催・毎日新聞社、毎日書道会)の文部科学大臣賞に4日、漢字部の赤平泰処さん(73)の「修徳立義」が選ばれた。同賞は毎日書道展に出品された役員から一般公募までの全作品から選ばれる同展の最高賞。

 受賞作は重厚で躍動感あふれる金文(青銅器に刻まれた古代中国の文字)。「文字の大小、線の剛柔、墨の潤渇などの効果が絶妙で字義を体現した真摯(しんし)な書」と評された。

 赤平さんは1946年、青森県弘前市生まれ。中村素堂さんに師事。現在、大正大学名誉教授。毎日書道会監事。貞香会会長。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです