メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

チケット、来月再抽選 人気競技含まれず 秋以降の販売も抽選

東京五輪チケットの国内一般販売の流れ

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は4日、五輪チケットの第1回抽選販売で一枚も当たらなかった応募者を対象に、来月に再び抽選販売「セカンドチャンス(仮称)」を行うと発表した。また秋以降の第2回販売は当初予定の先着順から抽選方式に変更することも決めた。

 第1回抽選販売は5月に申し込みを受け付け、先月20日に抽選結果が発表された。複数の関係者の話を総合すると、人気に偏りがあり、約400万枚を用意し、売れたのは300万枚超だったという。開閉会式や陸上、水泳などで高倍率の争いになって一枚も当選しない人が多数出た一方、人気の低い競技などで売れ残りが発生した。

 セカンドチャンスは落選者を対象とした救済策となるが、販売されるのは、その売れ残り分に限られる。各種競技の予選や、サッカーなど収容人数の大きな会場で行われる団体球技の1次リーグが大半で、開閉会式などは含まれない。

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1160文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです