メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

藤原康弘さん=医薬品医療機器総合機構(PMDA)理事長

藤原康弘さん=内藤絵美撮影

 医薬品の承認審査や市販後の安全確認、副作用の被害救済を担う機構のトップに4月に就任。「常に患者のことを第一に考える組織でありたい」と意気込む。

 医師として主にがん患者と向き合ってきた。「病気だけでなく、人を診る」が信条。末期の患者に接することも多かったが、患者が穏やかな最期を迎えられるよう、じっくり話を聞き、優しく語りかけてきた。「これからは悪くなる可能性が高い。『その時』を迎える準備をしましょう」

 50歳になるまでは、患者を深夜でも、明け方でもみとった。父を送った遺族が後に「母もみとってほしい」と頼ってくれるのが何よりうれしい。

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文681文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  4. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです