メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

世界選手権代表、あすプレーオフ 注目は伊調VS川井梨 「五輪以上の好カード」

レスリング全日本選抜選手権女子57キロ級決勝で対戦した伊調馨(左)と川井梨紗子。世界選手権の代表をプレーオフで争う=梅村直承撮影

 レスリングの世界選手権(9月、カザフスタン)代表をかけ、昨年12月の全日本選手権と6月の全日本選抜選手権の優勝者同士で争うプレーオフが6日、埼玉県の和光市体育館で行われる。注目は五輪5連覇を目指す伊調馨(ALSOK)と2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が激突する女子57キロ級だ。20年東京五輪への自力出場に向けた最終決戦となる。

 全日本選手権と全日本選抜の決勝はいずれも伊調と川井梨が顔を合わせた。全日本選手権は、伊調が残り10…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

  4. 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです