メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふくおか探索

全国を席巻 タピオカ入りドリンク 若い女性に人気、魅力探る 複数店回り食感や味、飲み比べ楽しむ

タピオカドリンクのテイクアウトの列に並ぶ人たち=徳野仁子撮影

 タピオカ入りドリンクが全国を席巻している。1990年代の第1次ブーム、2000年代の第2次に続き、数年前から第3次ブームが押し寄せ、福岡市の天神、博多の繁華街には専門店など20店以上がひしめく。このつぶつぶがなぜ、若い女性たちを引きつけるのか。魅力を探るため、人気店を訪ねた。【山崎あずさ】

「インスタ映え」友達と情報交換

 タピオカはキャッサバという芋から取ったでんぷんを粒状にしたもの。カラメルなどで黒く色付けたり、ほのかに甘く味付けたりする。1杯500円程度のドリンクに入れ、太めのストローで吸い上げて味わうのが定番だ。

 3度目のブームの火付け役は、タピオカミルクティー発祥の台湾の店「春水堂(チュンスイタン)」が13年、東京に出店した日本1号店という。福岡では16年9月に天神地下街店(中央区)、17年3月に博多駅(博多区)のアミュプラザ博多店がオープンした。

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文1115文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです