メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

監視強める中国当局 メディアは「安定」アピール ウルムチ暴動10年

会談に先立って握手する中国の習近平国家主席(右)とトルコのエルドアン大統領=北京で2019年7月2日、AP

 中国新疆ウイグル自治区で多数派の漢族とトルコ系少数派のウイグル族が衝突し、197人(当局発表)が死亡した「ウルムチ暴動」から5日で10年を迎えた。中国政府はウイグル族が関わるテロなどの事件を警戒しており、自治区内では厳しい監視が続いている模様だ。習近平国家主席は今月、ウイグル族と関係が深いトルコのエルドアン大統領と北京で会談し、テロ対策の強化を打ち出した。

 中国メディアは5日、自治区の現状に関する記事を一斉に掲載。10年の節目を念頭に「ウルムチ市の国際大…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文620文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  3. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです