メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

釣れた魚を分け合うフィッシュ・シェアリング 子ども食堂にも提供/尼崎

魚のフライに舌鼓を打ち、笑顔を見せる子どもたち=兵庫県尼崎市の市立地域総合センター上ノ島で2019年6月14日午後6時23分、前本麻有撮影

 釣れた魚を地域で分け合う「フィッシュ・シェアリング」。兵庫県尼崎市の渡船業「武庫川渡船」がそんなユニークな取り組みを進めている。今年4月から釣り過ぎた魚を引き取って切り身に加工し、市内の子ども食堂などに無償で提供。同渡船は「地元の魚のおいしさを知ってもらい、『食』につなげることで命を生かしたい」と願う。

 武庫川河口(尼崎、兵庫県西宮両市)から約1.5キロ沖の大阪湾に設置された防波堤「武庫川一文字(いちもんじ)」(通称)は、クロダイ(チヌ)、スズキ、ブリ、タチウオなど豊富な魚種で知られる人気の釣り場。県内外から年間約4万人が訪れ、同渡船は防波堤に釣り人を船で送迎している。

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文1109文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです