メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リュウグウ2回目着陸に「待った」が出ていた 議論重ねて決断

探査機はやぶさ2の2回目の着陸実施を発表する津田雄一・プロジェクトマネジャー=東京都千代田区で2019年6月25日、永山悦子撮影

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」が11日、小惑星リュウグウに作った人工クレーターの近くへ着陸する。1回目の着陸に成功した今年2月以降、探査機を運用するメンバーは、探査機を損傷して失う恐れもある着陸に再び挑むのか、それとも自重するのかという葛藤を抱えた。そこに突きつけられたのが、組織のトップからの「2回目をやらずに帰ってきてはどうか」という「待った」をかける提案だった。

 「100点じゃなくていい。60点で帰ってきませんか」

この記事は有料記事です。

残り2442文字(全文2666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです