メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

協会けんぽの黒字が過去最高 5948億円 18年度決算見込み

 中小企業の従業員や家族が加入する全国健康保険協会(協会けんぽ)は5日、2018年度の決算見込みが5948億円の黒字と発表した。黒字は9年連続で黒字額は過去最高。協会けんぽによると、保険料を負担する加入者や賃金が増えたのが主な要因。

     収入は10兆3461億円(前年度比4%増)。保険料を負担している加入者数は2361万人(同2・7%増)、支出は9兆7513億円(同2・6%増)。18年4月に診療報酬がマイナス改定され、収入に比べて支出の伸びが抑えられた。

     藤井康弘理事は「高齢者医療費の増加で急速な収支悪化が見込まれる。政府に医療の給付と負担の見直しを求めたい」と話している。【原田啓之】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
    2. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
    3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
    4. 確保の男「パクリやがって」警官に恨み言 京アニ火災
    5. 「京アニ」火災 複数死亡20人不明 「放火した」男を確保 京都・伏見

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです