メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡の男性カップル「婚姻届不受理は違憲」 国に賠償提訴へ

福岡市に提出する婚姻届を手にするまさひろさん(右)とこうすけさん=福岡市中央区の福岡県弁護士会館で2019年7月5日午後2時2分、宗岡敬介撮影

 福岡市の20代と30代の男性カップルが5日、市内の区役所に婚姻届を提出した。市は不受理とする見通しで、2人は憲法が保障する婚姻の自由を侵害し、法の下の平等にも反するとして、近く国に損害賠償を求めて福岡地裁に提訴する方針。

 婚姻届を提出したのは、こうすけさん(29)とまさひろさん(31)=いずれもフルネームと漢字表記は非公表=で、福岡県弁護士会館で記者会見して明らかにした。

 福岡市は2018年4月から性的少数者(LGBTなど)のカップルを公的に認証する「パートナーシップ宣誓制度」を導入し、2人も宣誓している。しかし、民法と戸籍法は男女の「夫婦」を基本としており、国内の自治体に婚姻届を提出しても受理されない。2人の婚姻届も受理されない見込みだ。

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 平井デジタル担当相、個人情報保護ルール見直しに意欲

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. 新型コロナ 塩釜のすし店4人感染 従業員と客 利用者は連絡を /宮城

  5. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです