メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

死亡した男子生徒への黙とう後、謝罪する岐阜市教育委員会の早川三根夫教育長(中央)ら=同市役所で2019年7月5日午後3時過ぎ、高橋龍介撮影

 岐阜市の市立中3年の男子生徒(14)が3日朝に自宅近くのマンションから転落死したことについて、市教育委員会は5日、記者会見を開き、生徒が学校でいじめを受けていた事実を認めた。生徒の自宅からは、いじめを苦にした自殺を示唆する内容のメモが見つかった。

 市教委は、同級生の女子生徒が5月31日朝、男子生徒へのいじめを訴えるメモを30代の男性担任教諭に渡していたことを明らかにした。いじめを列挙し、「先生、力を貸してください」と書き添えており、担任は「これはいじめだ。先生も頑張る」と答えたという。

 しかし、担任は同日午後、給食で嫌いな野菜を押しつけたいじめのみ取り上げ、2人の男子生徒を指導。いじめは解決したと考え、個人情報が書かれているとしてメモはシュレッダーで処分した。学年副主任には口頭で報告したが、メモのことは管理職も知らず、4日夜の保護者説明会で保護者の指摘で判明。学校側は担任が紛失したと答えていた。

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文804文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです